FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

InDesignCSxで再変換したいよね(僕は困ってるんですよ!)
InDesignって、文字を再変換することが出来ないですよね。
(たぶん、困ってる人いるんじゃないかな?)

朱字で、漢字→ひらがな の修正や ひらがな→漢字 にする修正で
いらいらしません? いらついてるんですよ。僕は(笑)

今までは、InDesignからテキストを再変換が出来るテキストエディタに
コピー&ペーストで持って行って、再変換させてから、
もう一度、コピー&ペーストでInDesignに持って行くという
とんでもなく不毛なことをしていたんです。

そこで、スクリプトを作りました。

使い方:
1)文字を選ぶ
2)スクリプトを実行
3)ダイアログが表示されるので、右クリックで再変換を選択
4)目的の文字を選んで確定
5)OKをクリックもしくはEnterする
6)再変換された文字に差し替わる

ソースコード(拡張子jsxで保存してください)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
#target 'InDesign'
if (app.selection.length==1){
var s=app.selection[0];
if (s.constructor.name.match(/InsertionPoint|Character|Text|Paragraph|Line|TextStyleRange|Word|TextColumn/)){
w = app.dialogs.add({name:"再変換"});
c = w.dialogColumns.add();
t = c.textEditboxes.add({editContents:s.contents, minWidth:120 });
if (w.show()) {
s.contents=t.editContents; //再変換結果を戻す
}else{
// キャンセル
}
w.destroy();
}
}else{
alert("テキスト選択orカーソルを立てて実行してください");
}
2013/02/15 追記

使い方
1)スクリプトを導入します。(jsxで保存して、Scriptパネル内に表示されるように)
2)ショートカットをスクリプトに当てます。
  僕はテキスト:Ctrl+Alt+Enterとしました。
3)文字選択します(ここだけマウス操作、以下すべてキーボードのみで操作)
4)Ctrl+Alt+Enterでスクリプトを起動します。

※ダイアログが表示されます。
 InDesign上で選択した文字がダイアログ内のTextEdit内に入ります。
 入った文字列がハイライトしています。
 フォーカスはハイライトしているテキストの入っているTextEditになります。

5)右クリックに相当するキー(アプリケーションキー)を押し、
  上矢印キーを押して、再変換(最下部にあります)に合わせてEnter
6)再変換候補が出てくるので、候補数が少なければ数字を指定してEnter
7)確定した文字が、InDesignで選択した文字と入れ替わります。

なんか、個人的に異常に便利なんすけども……
InDesign Scripting TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。