FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

一太郎のふりがなをHTMLに書き出す際の不具合への対処
TARO_DATA.png
このような一太郎のデータをHTML保存して、何かに使おうとします。
▼HTML保存は下記の設定で出力しました。(一太郎2007)
HTML_EXPORT.png

出来上がったHTMLファイルをエディタ(EmEditor)で開いてみました。

▼HTMLファイル
SAVE_HTML_VIEW.png

ルビの部分は半角パーレンで囲まれますが、親文字がどこからなのかが分かりません。
こんなんじゃ使えな~いよ。ということで、適当にマクロ作ることにしました。(ExcelVBAで処理しました)


■ソースコードここから↓↓↓↓↓↓↓
Sub ふりがなの前に〓挿入()

On Error GoTo ER:

PT = ThisWorkbook.Path & "\"
PT = PT & "テスト1.jtd"

Dim taroapp As Object
Set taroapp = CreateObject("JXW.application")
taroapp.Visible = True
taroapp.Documents.Open PT
'全選択
taroapp.TaroLibrary.SelectAll 1
'先頭へ移動
taroapp.TaroLibrary.JumpStart
'ウェイト
For Z = 1 To 5000: Debug.Print Z
Next Z
'〓挿入処理
Do While -1
cnt = cnt + 1
If cnt = 1 Then
taroapp.TaroLibrary.SearchString "\{ふりがな\}", 3, 1
Else
taroapp.TaroLibrary.SearchString "\{ふりがな\}", 1, 1
End If
taroapp.TaroLibrary.Insert "〓"
c = taroapp.TaroLibrary.GetCharacter
taroapp.TaroLibrary.CursorRight Len(c)
'ウェイト
For Z = 1 To 50: Debug.Print Z
Next Z
Loop

ER:
If Err.Number = 1001 Then
MsgBox "処理が完了しました。"
Else
MsgBox Err.Number & ":他のエラーがあります。"
End If

End Sub
■ソースコードここまで↑↑↑↑↑↑↑


んで、実行すると………

TARO_DATA_FIX.png

表示は変な感じですが、ふりがなの開始部分に〓が入りました。
では、HTML保存してみましょうか。

▼HTMLファイル(マクロ実行後)
SAVE_HTML_VIEW_FIX.png

親文字の前に〓が入って、目印になりそうですね。

この目印をEmEditorでルビタグに変換してみます。

検索:〓([^〓]+?)\(([^\(\)]+?)\)
置換:<ruby><rb>\1</rb><rp>\(</rp><rt>\2</rt><rp>\)</rp></ruby>

で、修正したHTMLをブラウザで表示させてみたのが、下図になります。

JOB_FINISH.png

これで、一太郎データも少し取り扱いがラクになりそうです(^^
プログラミング TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。