FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

右インデントタブ+三点リーダ必死に入力のチェック用VBA
もう、チェックに時間を費やす作業が苦痛なので、
重い腰を上げて、おうちつかい用にVBAで簡単に書いてみました。
エラートラップとかしてないので、ごめんなさい。
JSに移植するなりは、(ご自由に|是非)オネガイします(^^
そして、完成したら、私にJSください(笑)
↓↓↓ ソース・ここから ↓↓↓
―――――――――――――――

Sub 右インデントタブ幅計算して三点リーダ入るか調査隊()

Dim MyInDesign 'As InDesign.Application
Set MyInDesign = CreateObject("InDesign.Application.CS")
With MyInDesign

'三点リーダのサイズを入力(単位は環境設定に依存します)
ReaderSize = 9.5

'検索/置換クリア
.FindPreferences = Nothing
.ChangePreferences = Nothing

'右インデントタブを探します。
Set REP = .ActiveDocument.Search(Chr$(&H8), , , , , Chr$(&H8))

'旗立てます。
FLG = 0

'見つかった個数分ループさせます。
For N = 1 To REP.Count

'開始点座標Xを取得します。
X1 = REP(N).InsertionPoints(1).HorizontalOffset
'終了点座標Xを取得します。
X2 = REP(N).InsertionPoints(2).HorizontalOffset
'右インデントタブの幅を計算します。
HABA = X2 - X1

'三点リーダのサイズと右インデントタブの幅を比較します。
'1文字でも入る余裕があれば、対象部分の右インデントタブを
'選択しちゃいます。そしてアラート出して、終わります。
If ReaderSize <= HABA Then
.Select REP(N)
FLG = 1
MsgBox "ここ忘れてるよ!"
End
End If
Next 'N

End With
Set MyInDesign = Nothing

If FLG = 0 Then
MsgBox "探しましたが、モレは無さそうです。"
End If

End Sub
InDesign Scripting TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。