FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

InDesignCS4に移行した場合の不具合レポート
前回のエントリーで文末に記載しました件について、まとめました。
>これにより、InDesignCS4に製作アプリケーションを持ち替えた場合、
>問題が起こることがあります。この件については、別途記事を起こします。


今更InDesignCS4に持ち替えているのですが、
先般より不具合が起きています。
不具合の内容は、使用しているファイルサーバに関係しています。

ファイルサーバにbuffalo社のTerastationという製品を勤務先では利用しています。

このTerastationにWindowsからファイルを書き込むと、
更新日時が偶数秒のファイルの場合、更新日時が奇数秒に
書き換えられてしまうという問題があります。

このTerastationにWindowsからファイルを書き込むと、
更新日時が奇数秒のファイルの場合、更新日時が偶数秒に
書き換えられてしまうという問題があります。

※以下、又聞き内容を含むため、間違っているかも知れません。

TerastationのフォーマットはXFSとなっており、日付分解能は1ナノ秒になる。
WindowsのフォーマットはNTFSとなっており、日付分解能は100ナノ秒になる。
この結果、Windows(NTFS)→Terastation(XFS)に書き込む際、
日付分解能が異なるため、更新日時に丸め処理が発生する。

この結果、
1)InDesignCS4に奇数秒のファイルをリンクさせて保存した後、
ファイルサーバにファイルを書き込む。
2)社内の誰かがファイルサーバよりファイルをローカルにコピー
3)InDesignCS4ドキュメントを開く。
4)リンクを更新しますか? と聞かれる場合がある(聞かれるファイルは、
  上述1)の奇数秒のファイルをリンクさせた箇所のみ
という状況になり、「修正していないのにリンクが更新されたのか?」
と一抹の不安を覚えながら、リンク切れの部分をいちいち確認する
必要があり、現状、非常に手間が掛かっています。

ファイルサーバにTerastationを利用される際は、
この問題があることに、ご注意ください。
なお、前回のエントリーは、この点に関する検証結果であり、
Terastationを利用していても、InDesignCS3以下の環境下では、
丸め処理が発生しても、±2秒以内に収まるため、このような問題には至りません。


# 2011/09/13 15:39 記事を一部修正しました。
奇数秒と偶数秒の関係順序に誤りがありました。
InDesign Application TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。