FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

InDesign CS3 Trial English版 レポ1
今日、AdobeのUSサイトからCS3のE版trialをDLして、
W2Kに入れようと画策しました。が、見事に蹴られました…
「WindowsXPSP2以降のシステムにしてから、試せ」
Trial検証にOS入れ替えが必要なんて理不尽です…
しゃーないので、バックアップ用の端末がXP Homeだったので
そっちに一時的にE版Trialを今日入れて遊んでました。

InDesignCS3は、やっぱり、良い (^_^)v-
WindowsXP-Home / Memory:512MB 環境でInDesignCS3はちょっと重たい。
クロック数は3GHzを超していたハズだから、実務で使うとしたら、
メモリ増量した端末で走らせるのが理想的ですね。

目玉機能として見ているのは、「バリアブルテキスト」です。
各頁違う柱の処理に「バリアブルテキスト」を使うことで、一発対応できます。
ページの最初か最後に出てくる特定の段落スタイルの適用された文字列を
柱に設定する案件があるので、その対応が非常にラクになりますね。
今までは、セクションマーカーを見開き毎に、ごりごり修正していく
メンドーな作業をしていましたので…
あと、バリアブルテキストには、それ以外にも「ドキュメントのファイル名」
「作成日」「印刷日」などもセクションマーカーと同じく、Wordの
フィールドコードのように、コントロールできるようになってました。
色々想像できるので楽しいのですが、楽しい想像はお楽しみとして取っておきます。

明日以降は
・正規表現での検索/置換の検証
・オブジェクトの検索/置換の検証
・見開き印刷絡みの検証
・inddファイルの配置
などの重要興味案件のみ検証しようと計画中です。
InDesign Application TB(0) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。