FC2カウンター
ブログ内検索
プロフィール

流星光輝

Author:流星光輝
InDesignを仕事で使っています。
まんどい作業をScriptで解決すべく
精進の日々を過ごしております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

スクリプトからルビ設定(新たな発見)
今日はルビについてです。

先日、例のごとくスクリプトの開発実験で偶然にもルビについて新事実を発見しました。
普通にInDesignのUIでルビを振ろうとする時にスペースやスペースを含む文字列にルビは設定
できません。セクションマーカーなどの特殊文字(スクリプトではSpecialCharacter)も同様です。

で、総ルビ本のスクリプトを作っている時に、誤って親文字をスペースにしてしまったのです…
エラーも出ずに終わったのでチェックしていたらなんとスペースの上にルビ文字が…( ̄o ̄;
こんな怪しい事が出来たんですね~。便利な事に使えないかと思案していますが、
そもそもルビをスペースや特殊文字に設定できたところでメリットが無かったです。
ちなみにモノルビのルビ文字にスペース入れてパラルビに設定させようとしても、この場合には有効になりません。ご注意ください。

ScriptRubySetting.png

InDesign Scripting TB(1) CM(0) 

New LogTop LogOld Log

COMMENT

ルビルビ (英語|英''Ruby'') とは、印刷物の文章内の文字に対しふりがな、説明、異なるよみかた、といった役割の文字をより小さな文字で、縦書きの際は文字の右側に、横書きの際は文字の上側に記されるものである。明治時代からの日本の活版印刷用語であり、『ルビ活字』を
CGの基礎知識 | 2007/03/25 01:14


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。